抜け毛とストレス

ハゲ最近、ストレスが原因での抜け毛が問題となっています。ストレスを溜め込むと自律神経の動きが悪くなってしまい頭皮や髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなってしまうことがありますし、体内に様々な体調不良が起こることもあります。体内の体調不良への対策をするために体の栄養が不足している場所に栄養が使われて髪の毛に本来使われるべき栄養が他の場所に使われてしまうこともあります。そのために、髪の毛に栄養が不足して抜けやすい状態になることもあるのです。

また、毛根が黒くなっている場合、メラニン色素の細胞が頭皮に溜まっていることが考えられます。メラニン色素をつくる細胞が頭皮に溜まっていると抜け毛の毛根に黒いものがつくために、ストレスが溜まっているサインとなるのです。

また、人によってはストレスがたまると無意識のうちに髪の毛を触っていることがあります。そして、その中でいつの間にか髪の毛を抜いてしまっている人がいます。いつの間にかクセになってしまい円形脱毛症になっていることがあります。このような状態になると頭皮の状態が悪くなってしまい髪の毛が抜けやすい状態に陥ってしまいます。個人での治療が難しいことも多いので、脱毛部分が大きくなってきた場合には医師の指示を仰ぐことが望ましいです。


抜け毛の原因

毛抜け毛といってもその原因は様々なものがあります。抜けた髪の毛の様子や毛根を見ればその原因が分かるため、それに応じた対策を行うことで抜け毛を予防することができます。私たちの髪の毛は毎日平均して100本抜けていると言われていますし、髪の毛のサイクルや抜けやすい季節によっては200本抜ける季節もあります。ですから、少し抜け毛が気になっても実は自然な生え変わりによる抜け毛で心配する必要がないこともあるのです。

髪の毛が抜けた毛根の形が丸くて整っていれば自然な抜け毛です。それに対して毛根が小さくなっていたり形がいびつになっている場合には髪の毛に必要な栄養が行き届いていないことが原因としてあげられます。そのため、髪の毛に必要な栄養を育毛剤や食事で補うことで改善することができます。また、頭皮が乾燥して硬くなっていると髪の毛が太くて短いまま抜けてしまいます。これは、毛根があるべき位置よりも表面に近い位置にあるために育ちきる前に抜けてしまうことが原因です。そこで、頭皮の環境を整えるために頭皮の保湿やマッサージをして頭皮を柔らかくして乾燥を改善する必要があります。このように抜けた髪の毛を見て髪の長さや太さ、毛根の形を確認することで抜け毛の原因を確認でき適切な対策をとることができるのです。最後に抜け毛とストレスの関係性について説明します。


抜け毛を減らす

悩む人誰もがいつまでもカツラや増毛をせずに自分の髪の毛だけで過ごしたいと思うものです。男女問わずに髪の毛が少なくなると老けて見えますしおしゃれをしても決まらなくなります。また、髪の毛が少なくなってくると、自分の見た目にも自信が持てなくなってしまい外出することを避けてしまったり、写真に写りたくなくなってしまったり、友人と会うことが減ってしまったりして引きこもりがちになったり内向的になってしまったりすることもあります。帽子で隠すこともできますが、室内や写真撮影時など常に帽子をかぶることは難しいですし、帽子をかぶることで髪の毛に悪い影響を及ぼして悪循環に陥ってしまうこともあります。

人間は加齢とともに髪の毛が少なくなる人がほとんどです。しかしそれだけでなく、最近は食生活の洋風化や生活習慣の乱れが原因で若いうちから抜け毛や薄毛に悩む人も増えてきました。そのために、育毛剤や育毛シャンプーといった育毛対策の商品もたくさん販売されるようになりましたし用いている人も増えています。しかし、髪の毛を増やす対策をしても抜け毛の対策も一緒に行わなければ新しい髪の毛が増えても全体の量は増えません。抜け毛といってもその原因は様々なものがあり、抜けた髪の毛を見ればその原因を判断することができます。そこで、ここでは抜けた髪の毛のタイプ別にみる抜け毛の原因とその対策、そして特に最近問題とされているストレスによる抜け毛への対策について紹介をしていきます。